唾液と味について

 

食べ物の味は、舌の「味蕾(みらい)」と呼ばれる器官に、食べ物の味を構成している物質がだ液に溶け込むことで届けられ、初めて感じることができます。


だ液が少なくなると、味を構成している物質が味蕾へ届きにくくなるだけでなく、口の中の潤いが少なくなることで、舌と物とこすれて炎症が起こってしまい、味蕾が働かなくなってしまったり、味蕾自体が無くなってしまったりします。

つまり、だ液が少なくなると食べ物の本来の味がわからなくなる 「味覚障害」になってしまう可能性があるのです。

私たちは、主に「甘味」・「酸味」・「塩味」・「苦味」・「うま味」といった5つの味を複雑に感じながら食事をしています。特に、舌の炎症により起こりやすい味覚障害は「塩味」で、「酸味」と混同しやすくなってしまいます。
だ液の量が少なくなる原因は、いろいろなケースが考えられますが、食事の時によく噛まないことも1つの原因として挙げられます。

よく噛むことにより、食べ物が細かく砕かれるだけでなく、だ液の分泌が促進され、だ液の中に含まれる消化酵素のアミラーゼが糖質を分解し、より体内に吸収しやすい状態になります。

しっかりとした歯を保ち続けることは、だ液の分泌を促すことにつながり、結果、美味しい食事を味わえることになります。
あなたのお口は、だ液が少なくなっていませんか?

ぜひ一度、お口の健康状態をチェックしてみてはいかがでしょうか。

オンライン初診予約
お電話番号06-6713-8241

〒577-0824
大阪府東大阪市大蓮東4-6-7
コノミヤ大蓮東店2F

TEL06-6720-3388
近鉄「久宝寺口」駅徒歩5分

一般歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科
口腔外科・歯周病治療・入れ歯
インプラント・審美歯科

 

虫歯治療・無痛治療

  • 虫歯治療・無痛治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 矯正・小児矯正歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 審美・セラミック
  • 入れ歯・義歯
  • 口腔外科
  • 歯周病治療

 

 

平川歯科クリニックが5つの理由

 

お悩み別歯科治療

 

 

安心の設備

 

 

チームメンバー募集中