正しい歯ブラシの選び方

こちらの記事では東大阪の平川歯科クリニックの歯医者が、正しい歯ブラシの選び方に着いてご紹介します。正しい歯ブラシを選ぶことは、正しいブラッシングを行うくらい重要です。自分に最適な歯ブラシを選ぶことで、無駄なく最大限にブラッシングの効果を発揮させることが出来ます。

歯医者がお勧めする正しい歯ブラシを選ぶ際のポイントとしては、歯ブラシの毛の硬さ、毛先の形状、毛の材質、植毛形態、持ち手の形状があります。

まずは歯ブラシの毛の硬さですが、一般的に市販されている歯ブラシには、やわらかめ、ふつう、かため、の選択肢があります。基本的には「ふつう」で問題ありませんが、個人の歯の特長によって選び分けるのが良いでしょう。特に歯茎が弱く、よくブラッシングの際に出血しやすいという方や、歯肉炎などを患っている方には歯茎を傷めにくい「やわらかめ」が良いでしょう。反対に、ブラッシングの際に力加減が弱めな方には「かため」の歯ブラシが向いています。次に歯ブラシの毛先の長さと形状です。まずは毛先の形状ですが、最近は毛先がギザギザしているものが歯茎にフィットしやすいとうたわれて流行っていますが、東大阪の歯医者は毛先が平らな切り口のものをお勧めします。というのも、毛先が均一な切り口になっていることにより、ブラッシングの際に力を均一に加えることが出来るため、より均等に効率的に歯を磨くことが出来ます。また歯ブラシの毛の材質ですが、歯医者は一般的によく用いられているナイロン素材のものをお勧めします。ナイロン素材の毛はある程度のしっかりとした硬さがあり、かつ乾きやすいというメリットがあります。中には動物性の毛を使用している歯ブラシもありますが、動物の毛はたんぱく質で構成されているため、口腔内に雑菌や最近が付着しやすく、衛生面の問題であまりお勧めできません。また乾きにくいというデメリットもあります。次に歯ブラシの毛の植毛形態ですが、幅はおよそ親指の幅程度のものの、大きすぎず、小さすぎないサイズのものが良いです。このヘッドの幅があまりにも広すぎると、大きすぎてしまい奥歯まで届かないといったトラブルが起こってしまいます。また植毛は縦3列にされているものが一般的です。あまりにも毛が密集しすぎてしまうと、毛が乾きにくく、雑菌などが発生する元となってしまいます。最後に持ち手の形状ですが、手で持った際にしっかりと手にフィットするものがお勧めです。またネックはあまり細すぎず、ある程度の太さがあると力がしっかりと毛先にまで伝わりやすいのでお勧めです。そして持ち手の太さもある程度の太さがあるもののほうが、力加減のコントロールがしやすいです。理想としては、実際に歯ブラシを持ってみて、しっくりくるかどうか直接確かめられると良いです。
東大阪の平川歯科クリニックでは、歯医者が患者様にあう歯ブラシの選び方も指導しています。自分に合う歯ブラシの選び方でお困りの方は、是非東大阪の歯医者にご相談ください。

オンライン初診予約
お電話番号06-6713-8241

〒577-0824
大阪府東大阪市大蓮東4-6-7
コノミヤ大蓮東店2F

TEL06-6720-3388
近鉄「久宝寺口」駅徒歩5分

一般歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科
口腔外科・歯周病治療・入れ歯
インプラント・審美歯科

 

虫歯治療・無痛治療

  • 虫歯治療・無痛治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 矯正・小児矯正歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 審美・セラミック
  • 入れ歯・義歯
  • 口腔外科
  • 歯周病治療

 

 

平川歯科クリニックが5つの理由

 

お悩み別歯科治療

 

 

安心の設備

 

 

チームメンバー募集中