舌の癖

こんにちは!

『舌癖(ぜつへき)』についてお話ししたいと思います。

日常生活の中で夢中になって本を読んだりテレビを見たりスマートフォンを触っている時に、口をポカーンと開けて上下の歯の間に舌が出ていたり、飲み込むときに舌を突き出し歯を押すような動きをすることがあります。これを『舌癖』といいます。

舌癖のある人は、いつも舌が口の中で低い位置や前方にあり歯を押しています。そして飲み込む時にさらに強い力で歯を押し出します。そのうえ唇や頬の筋肉の力が弱く、特にいつも口を開けている人は外側から歯を押さえる力がありません。

私たちは1日600〜2000回無意識に飲み込む動作(嚥下)をしています。

舌癖のある人は飲み込むたびに舌で歯を押していることになります。そのため、出っ歯になったり歯と歯の間に隙間が開いたり上下の歯がかみ合わなくなることがありす。また、話をする時にその隙間に舌が入るのでサ行、タ行、ナ行、ラ行などが舌足らずな発音になることがあります。

このように舌癖があると歯並びや発音、矯正治療に大きな影響を及ぼします。

舌癖がみられる方は筋機能療法(MFT)というトレーニングを行います。

トレーニングの目的は

・舌の筋肉の力を強くする

・唇や頬、口の周りの筋肉に力をつける

・正しい飲み込み方を覚える

・トレーニングで覚えた舌の位置や唇の状態を保ち日常生活の中で正しい飲み込み方を習慣にする

です。正しい舌の位置や正しい飲み込みを覚えて健康に過ごしましょう。

オンライン初診予約
お電話番号06-6713-8241

〒577-0824
大阪府東大阪市大蓮東4-6-7
コノミヤ大蓮東店2F

TEL06-6720-3388
近鉄「久宝寺口」駅徒歩5分

一般歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科
口腔外科・歯周病治療・入れ歯
インプラント・審美歯科

 

虫歯治療・無痛治療

  • 虫歯治療・無痛治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 矯正・小児矯正歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 審美・セラミック
  • 入れ歯・義歯
  • 口腔外科
  • 歯周病治療

 

 

平川歯科クリニックが5つの理由

 

お悩み別歯科治療

 

 

安心の設備

 

 

チームメンバー募集中