増設しました!

3月も終わりに近づき 暖かくなって来ましたね 🌸🌸🌸

平川歯科クリニックは多くの皆様に支えていただき

おかげさまで  この春  2周年 を迎えます  🎉

 

以前より 予約が取りにくい というお声をいただいておりましたが

この度 チェア増設

新たに 個室設置✨ いたしました❗

 

 

 

設備の充実とともに

歯科医療の充実

皆様に満足していただける歯科医院  

目指してまいります

 

今後とも 平川歯科クリニック を

宜しくお願いいたします m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 


ホワイトデー

こんにちは~

もうすぐホワイデーですね♥

うちは早くも先生方に頂いたお返しでたくさんのお菓子やチョコでいっぱいです!(^^)!

皆さん、キシリトールやフッ素の入ったチョコ味の歯磨き粉や、

チョコレートやキャンディーがあるのはご存知ですか?

美味しくて歯にも優しいチョコをホワイトデーのお返しにするのもどうですか?( *´艸`)

でも食べた後はしっかり歯磨きしてくださいね!!

 


歯磨きと癌の関係

歯磨きと癌は、何故関係すると思われますか。それは、歯を磨かないと口の中の細菌が増加して発がん物質を増やしてしまうからです。歯医者で定期的に検診を受けても、歯を磨く習慣を身に付けていないと、癌になる確率が高くなるとしたら恐ろしいと思いませんか。今回は、歯磨きと癌の関係についてご案内します。

白くてきれいな歯でも、実は表面に沢山雑菌が付着しています。1日に2回以上歯を磨く人は、癌になる危険性が、1日1回歯磨きをしている人よりも癌になる確率が3割低いと言われています。口の中にある菌の一つに、カンジダ・アルビカンスという菌があります。この菌が、アセトアルデヒドという発がん性物質を作ります。しかし、歯磨きをすることで、カンジダ・アルビカンスを洗い流すことができ、癌予防となるのです。

口の中や喉などに癌ができたりとか、食道癌になった人などを対象に、飲酒や喫煙の習慣を調べたところ、飲酒や喫煙よりも、歯磨きの習慣が最も癌の発症に影響を与えていることが研究によって分かりました。それから、胃腸が弱い人や胃酸の分泌の弱い人は、口の中の雑菌が胃に入った時に、雑菌が死なずに腸まで届いてしまうことがあります。腸の中で口の中の雑菌が繁殖したら、毒素をどんどん作り癌になる原因となります。

夏になると、冷たいものを飲んだり食べたりして、お腹が冷えやすくなります。そうなると、冷えた温度に反応する雑菌が繁殖します。最近、低体温の人が増えていますが、冷えは様々な病気を引き起こします。平熱は、36度2分くらいの人が多いと思いますが、昔の人の平熱は、36度9分くらいでした。体温が1度下がると、免疫力が30%低下すると言われています。食べたものが腸の中でちゃんと発酵すると体温は上がります。低血圧、低体温、貧血の人は、ちゃんと朝食を食べることが大切です。体温を高くすることで、口内の免疫力も高くなり、発癌性物質を作るカンジダ・アルビカンから体を守りやすくなります。

また、歯周病は、癌にかかりやすくなると言われています。歯周病の人が、歯磨きを怠っていると、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌、食道癌にかかりやすくなることが分かっています。歯周病の人は、自宅での歯磨きと歯医者でのメンテンス治療が重要です。歯磨きの回数で癌のリスクが減ると思ったら、最低でも1日に2回は歯磨きを行いましょう。

歯医者で虫歯が無いと言われても、自宅での歯磨きが足りないと、癌にかかってしまいます。東大阪市でお子様の歯磨き習慣に悩まれている人は、お子様が小さいうちから歯医者に定期的に行くことと、歯磨きをすることを習慣にしてあげましょう。歯医者では、ブラッシング方法も教えてもらうことができます。虫歯になってから歯医者にいくのではなく、虫歯にならないように、定期的に歯医者に行くことが大切なのです。東大阪市には、予防歯科に力を入れている歯医者がたくさんあります。


虫歯にならない栄養素

平川歯科クリニックでは、虫歯予防に良い栄養素について保護者の方から聞かれることが多いそうです。歯医者で、お勧めしている虫歯予防に良い食べ物などについてご案内しますので、参考になさって下さい。

●清掃性食品
・関節清掃性食品
梅干しや酢の物などは、唾液の分泌を促すことで、口の中を酸性になることを抑えて、虫歯になりにく環境にします。

・直接清掃性食品
ゴボウ、ニンジン、セロリなど食物繊維が豊富な野菜は、噛むことで歯の表面が清掃されて、さらに唾液の分泌も促されます。

●歯を強くする食べ物
・カルシウム(牛乳や魚介類、海藻類)
歯だけでなく歯茎の健康にも大切です。体内にあるカルシウムの99%が、骨と歯に貯蔵されています。そして、残りの1%は、カルシウムイオンとして、血液の中に存在しています。

・コラーゲン
骨や歯の約30%は、コラーゲンで構成されています。コラーゲンをサプリメントから摂取する場合は、低分子で吸収率の高いものを選びましょう。

・ビタミンD(しいたけ)
カルシウムの吸収を助けます。

・ビタミンA(ニンジン、パセリ)
歯のエナメル質を強化します。

・ビタミンC(野菜、果物)
歯の象牙質の形成に役立ちます。

●歯に良い飲み物
・ポリフェノール(抗菌作用で、虫歯予防の効果が上がります。)
日本茶、ウーロン茶など

・フッ素
紅茶
※歯に良いとされている飲み物は、着色汚れが付きやすい性質もありますので、気を付ける必要があります。

●甘くない食べものなら大丈夫?
どんなに歯に良い食べ物を食べていても、歯をきちんと磨かないと虫歯になってしまいます。甘いか甘くないかは、舌の上にある味覚細胞で感じているものであって、実際に細菌が繁殖する原因となっているのは、ショ糖などの糖質が虫歯菌の栄養になり繁殖してしまうのが原因です。虫歯が古くなると、バイオフィルムという構造物になり、虫歯を作ってしまいます。甘くない食べ物でも、虫歯の原因となりますので、しっかり歯磨きをして汚れをためないようにすることが大切です。

虫歯が無くても、普段から定期的に歯医者で、歯石を取ってもらったらり、フッ素塗布を行う予防歯科も虫歯を防ぐ良い方法です。歯医者では、虫歯にならないように、ブラッシング方法などについてもご説明しています。小さなお子様のうちから、歯医者に通う習慣を付けて、年を取っても自分の歯で食べられるようにしましょう。そして、歯医者でのケアだけではなく、家庭でのケアや食べる物にも十分に気を付けて丈夫な歯を作りましょう。東大阪の口コミ第1位の平川歯科クリニックは、丁寧なカウンセリングと確かな技術で定評がある歯医者です。東大阪市の九宝寺口駅から徒歩5分と通いやすい歯医者です。


正しい歯ブラシの選び方

こちらの記事では東大阪の平川歯科クリニックの歯医者が、正しい歯ブラシの選び方に着いてご紹介します。正しい歯ブラシを選ぶことは、正しいブラッシングを行うくらい重要です。自分に最適な歯ブラシを選ぶことで、無駄なく最大限にブラッシングの効果を発揮させることが出来ます。

歯医者がお勧めする正しい歯ブラシを選ぶ際のポイントとしては、歯ブラシの毛の硬さ、毛先の形状、毛の材質、植毛形態、持ち手の形状があります。

まずは歯ブラシの毛の硬さですが、一般的に市販されている歯ブラシには、やわらかめ、ふつう、かため、の選択肢があります。基本的には「ふつう」で問題ありませんが、個人の歯の特長によって選び分けるのが良いでしょう。特に歯茎が弱く、よくブラッシングの際に出血しやすいという方や、歯肉炎などを患っている方には歯茎を傷めにくい「やわらかめ」が良いでしょう。反対に、ブラッシングの際に力加減が弱めな方には「かため」の歯ブラシが向いています。次に歯ブラシの毛先の長さと形状です。まずは毛先の形状ですが、最近は毛先がギザギザしているものが歯茎にフィットしやすいとうたわれて流行っていますが、東大阪の歯医者は毛先が平らな切り口のものをお勧めします。というのも、毛先が均一な切り口になっていることにより、ブラッシングの際に力を均一に加えることが出来るため、より均等に効率的に歯を磨くことが出来ます。また歯ブラシの毛の材質ですが、歯医者は一般的によく用いられているナイロン素材のものをお勧めします。ナイロン素材の毛はある程度のしっかりとした硬さがあり、かつ乾きやすいというメリットがあります。中には動物性の毛を使用している歯ブラシもありますが、動物の毛はたんぱく質で構成されているため、口腔内に雑菌や最近が付着しやすく、衛生面の問題であまりお勧めできません。また乾きにくいというデメリットもあります。次に歯ブラシの毛の植毛形態ですが、幅はおよそ親指の幅程度のものの、大きすぎず、小さすぎないサイズのものが良いです。このヘッドの幅があまりにも広すぎると、大きすぎてしまい奥歯まで届かないといったトラブルが起こってしまいます。また植毛は縦3列にされているものが一般的です。あまりにも毛が密集しすぎてしまうと、毛が乾きにくく、雑菌などが発生する元となってしまいます。最後に持ち手の形状ですが、手で持った際にしっかりと手にフィットするものがお勧めです。またネックはあまり細すぎず、ある程度の太さがあると力がしっかりと毛先にまで伝わりやすいのでお勧めです。そして持ち手の太さもある程度の太さがあるもののほうが、力加減のコントロールがしやすいです。理想としては、実際に歯ブラシを持ってみて、しっくりくるかどうか直接確かめられると良いです。
東大阪の平川歯科クリニックでは、歯医者が患者様にあう歯ブラシの選び方も指導しています。自分に合う歯ブラシの選び方でお困りの方は、是非東大阪の歯医者にご相談ください。


オンライン初診予約
お電話番号06-6713-8241

〒577-0824
大阪府東大阪市大蓮東4-6-7
コノミヤ大蓮東店2F

TEL06-6720-3388
近鉄「久宝寺口」駅徒歩5分

一般歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科
口腔外科・歯周病治療・入れ歯
インプラント・審美歯科

 

虫歯治療・無痛治療

  • 虫歯治療・無痛治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 矯正・小児矯正歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 審美・セラミック
  • 入れ歯・義歯
  • 口腔外科
  • 歯周病治療

 

 

平川歯科クリニックが5つの理由

 

お悩み別歯科治療

 

 

安心の設備

 

 

チームメンバー募集中