小児歯科
  1. ホーム
  2. 小児歯科

 

小児歯科について
小児歯科東大阪市の歯科医院の歯科医院(歯医者)平川歯科クリニックでは、小さなお子様の歯科治療・予防にも対応しております。小さなお子様もご遠慮なくご一緒にご来院下さい。

小児歯科では、健康な大人の歯が生えそろうことが目標です。
お子様は歯科治療中に泣いてしまうこともしばしばあります。しかし、自分自身のために治療を受けないといけないことが徐々に理解できるようになると泣かずに治療を受けられるようになります。泣いて嫌がるからといって連れてこれない子には嫌な思い出しか残りません。お子様が泣かなくなるまで根気よくご来院下さい。

もちろん、痛くない、怖くない治療、泣いても笑顔で帰って頂けるよう努めます。小児歯科は、是非、東大阪市の歯科医院の歯科医院(歯医者)平川歯科クリニックへご来院下さい。

 

マタニティ歯科
マタニティ歯科マタニティ歯科(妊婦の方)への歯科治療にも対応しております。
妊娠中や、産前産後に配慮すべき点について、歯科の観点から詳しくご説明させていただきますので、是非、 東大阪市の歯科医院の歯科医院(歯医者)平川歯科クリニックへご来院下さい。

妊娠中はホルモンバランスや食習慣の変化によって、お口の環境が悪化しやすいものです。

H24年3月以降に発行された母子手帳には、妊娠中の歯周病は早産の原因になる可能性があることが明記されており、妊娠中の歯科検診を推奨しています。 

また、妊娠中は、お口の中に、次のような症状が現れやすいです。
  • 歯肉炎
    妊娠中は、エストロゲン(女性ホルモン)の増加や内分泌の変調により、歯肉が赤くなり、腫れやすくなります。時には、歯肉から出血することもあります。
  • う蝕歯(虫歯)
    妊娠すると、口の中の唾液が酸性になり粘っこくなります。また、つわりなどで食事の回数が増えて、口の中が汚れやすくなります。その為、虫歯になる危険性が増加します。
これまで歯の痛みやお口のトラブルがあっても「妊娠中だから・・」と受診を控えていた方、お気軽に一度ご相談下さい。妊娠中や、産前産後に配慮すべき点について、歯科の観点から詳しくご説明させていただきます。レントゲンやお薬については細心の注意を払い、必要であれば産婦人科へお問合せします。

 

マイナス1歳からの虫歯予防
マイナス1歳からの虫歯予防当院のマタニティ歯科では、妊婦や授乳中の方、お腹の中のお子様も対象になります。お子様は「マイナス1歳」から、つまり妊婦中から虫歯予防することができます。

もともと、赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいませんが、周囲の大人の口から虫歯菌が感染します。大人の虫歯治療やお子様への口移しをしないことも虫歯予防の1つです。赤ちゃんの虫歯予防について丁寧に説明させて頂きます。

 

フッ素で予防
フッ素で予防フッ化物の塗布は、専門家である歯科医師や歯科衛生士が行います。

フッ化物を歯に作用させると、歯の表面から取り込まれ、歯の結晶の一部になります。フッ化物を含んだ歯の結晶は、普通の歯の結晶よりも丈夫になり、細菌の出す酸に対してより強くなります。

つまり、フッ化物を適切に使うと歯の表面が強くなり、虫歯になるのを防ぎます。

東大阪市の歯科医院の歯科医院(歯医者)平川歯科クリニックでは、フッ素塗布にも対応しておりますので、予防歯科お受けになられたい方は、お気軽にご来院下さい。

東大阪市の歯科医院の歯科医院(歯医者)平川歯科クリニック/虫歯治療、歯列矯正、審美歯科、口腔外科治療など対応

オンライン初診予約
お電話番号06-6713-8241

〒577-0824
大阪府東大阪市大蓮東4-6-7

コノミヤ大蓮東店2F

TEL:06-6720-3388
近鉄「久宝寺口」駅徒歩5分

一般歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科
口腔外科・歯周病治療・入れ歯
インプラント・審美歯科

 

虫歯治療・無痛治療

  • 虫歯治療・無痛治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 矯正・小児矯正歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 審美・セラミック
  • 入れ歯・義歯
  • 口腔外科

 

 

寺田町ファミリー歯科が5つの理由

 

お悩み別歯科治療

 

 

安心の設備

 

 

チームメンバー募集中
オンライン初診予約

ひらかわDAIRY

RSS Feed Widget