予防歯科
  1. ホーム
  2. 予防歯科
予防歯科について
予防歯科「歯医者は歯が悪くなってから行くもの」だと思っていませんか。
歯が悪くなってから治療を始めると歯を削らなければならない場合がほとんどです。
そして、現代の医療では歯の削った部分を取り戻すことはできません。治療後は詰め物や被せ物をして再発の防止をするだけが現状です。また、削ってしまった歯はメンテナンスをしなければ虫歯などを再発しやすくなり、治療のたびに弱くなってしまいます。
最悪の場合、治療をしていても歯を失う可能性があります。

自覚症状(痛みなど)がほとんどない歯周病も注意が必要です。自覚症状が無いので、知らない間に進行している場合が多いです。統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっているといわれ、歯を失う一番の原因です。

東大阪市の歯科医院の歯科医院(歯医者)平川歯科クリニックでは健康な歯を生涯残していくために、歯が悪くなってからではなく、悪くならないための予防歯科に力を入れています。
虫歯はもちろんのこと、歯周病の対策も行い、患者様の歯を一本でも多く歯を残すサポートをいたします。

 

8020運動について
予防歯科の重要性東大阪市の歯科医院の歯科医院(歯医者)平川歯科クリニックでは、8020運動を実施しております。8020運動とは、80歳になった時に自分自身の天然歯が20本残ることを目指す運動です。

実際、日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の老人の歯の残存数は、日本人の2倍以上(21本)で自分の歯で生活できる方が多くおられます。

なぜならスウェーデンの人々は、歯医者は治療のためでなく、歯の汚れの除去や歯や歯ぐきの健康チェック、そして予防のため(メインテナンス)に歯医者に行くのが普通と考えているからです。

予防歯科を受けて歯を大切にするという習慣が普通であり、これはアメリカやヨーロッパ各国もほぼ同様です。それに対して日本人のメインテナンス率は約2%です。しっかり定期的に予防歯科(メンテナンス)を受けることによって、天然歯で一生過ごせることが可能になります。

 

PMTCについて
PMTCとは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、歯科医師や歯科衛生士といった専門家による機械を用いた歯の徹底的な清掃のことです。
PMTC
30年ほど前にスウェーデンで始まり、今では世界の先進国で広く行われています。ただ単に歯ブラシの代わりに機械を使って掃除するというものではなく、歯ブラシ等では絶対に落とせないバイオフィルム(台所のヌルヌル汚れのようにこびりついてしまった歯の汚れ)を柔らかいゴムのチップなどを用いて剥がし取り、悪玉菌が多い状態を善玉菌が多い状態にしてしまおうというものです。

PMTC歯科医院で徹底的なクリーニングを受けてお口の中を善玉菌が多い状態にして、さらにお家でのお手入れを丁寧にしていただくと、次の定期クリーニングの日まで歯のバランス状態を良好に保つことができます。

PMTCは、選び抜かれた様々な機械・器具・材料の中から、患者さまのお口の状態に合わせて組み合わせを決定します。それらを用いて予防歯科のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまの歯を隅々までクリーニングします。日常のお手入れではできないレベルのクリーニングです。

使用する器具の中には細い隙間に入れるために先がとがっているものもありますがクリーニング中に痛みを感じることはありません。
気持ちよく眠ってしまう方もいらっしゃるぐらいです。
クリーニング終了後は歯の表面がつるつるになってお口がさっぱりします。
PMTCでしか清掃できないところ【PMTCでしか清掃できないところ】

1.歯と歯の間
鏡を見ながら磨いていても落ちない汚れ。そんな所もしっかりケア。

2.歯と歯肉の境目
自分ではなかなか磨くことのできない歯と歯肉の境目をやさしくケア。


このように、歯の健康は、PMTCとホームケアを両立することで、維持することができます。
東大阪市の歯科医院の歯科医院(歯医者)平川歯科クリニックでは、患者様の歯を健康に保つために、患者様に最も適した予防プログラムを作り、PMTCを行っています。

スウェーデン発のバクテリアセラピー「Baio Gaia」

バイオセラピー私たちの健康は、すべて口から始まるといっても過言ではありません。

口腔内には耳かき一杯分の唾液の中に数億個の細菌が生息しており、その中には有害な細菌も数多く含まれます。

近年の研究では口腔内細菌は単に虫歯や歯周病だけではなく、心疾患や生活習慣病(糖尿病・高血圧等)とも深い因果関係があることが分かりはじめており、歯科学会・医学会においても口腔内細菌の管理が重視されるようになってきています。

口腔内細菌の管理は、高齢者医療においても重要です。誤嚥性肺炎、下痢、便秘といった高齢者に多く、また介護現場を困らせる疾患も、口腔内細菌を健常に管理することで予防・改善できることが分かっています。色々な病気の予防を考えるなら、まずはお口の中の「菌質」を改善することから。特にインプラント治療などを受けられた方は一本の歯に数十万円もの費用がかかっている場合があります。なのに歯周病が進行すると、せっかくのインプラント治療が水泡に期してしまう場合もあるのです。

そこでスウェーデンでは「菌質」を改善するため薬剤治療等で減ってしまった善玉菌を新たに補給する事で、善玉菌を体内で悪玉菌と戦わせ、繁殖を抑えていく新しい方法が開発されました。これをバクテリアセラピー(菌質管理)と言います。

東大阪市の歯科医院の歯科医院(歯医者)平川歯科クリニックでは、バクテリアセラピーとして「Baio Gaia」を採用しています。トローチタイプやガムタイプ、リキッドタイプなどの種類があります。Baio Gaia

東大阪市の歯医者 平川歯科クリニック/虫歯治療、歯列矯正、審美歯科、口腔外科治療など対応

オンライン初診予約
お電話番号06-6713-8241

〒577-0824
大阪府東大阪市大蓮東4-6-7

コノミヤ大蓮東店2F

TEL:06-6720-3388
近鉄「久宝寺口」駅徒歩5分

一般歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科
口腔外科・歯周病治療・入れ歯
インプラント・審美歯科

 

虫歯治療・無痛治療

  • 虫歯治療・無痛治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 矯正・小児矯正歯科
  • インプラント
  • ホワイトニング
  • 審美・セラミック
  • 入れ歯・義歯
  • 口腔外科

 

 

寺田町ファミリー歯科が5つの理由

 

お悩み別歯科治療

 

 

安心の設備

 

 

チームメンバー募集中
オンライン初診予約

ひらかわDAIRY

RSS Feed Widget